千年戦争アイギスA 無課金でも楽しみたい

脳味噌鉄なポンコツ王子ですが、あたふたしながらもアイギスを楽しんでます

姫と山賊と悪霊の都

復刻ミッション「姫と山賊と悪霊の都」の姫と山賊団から死者の王神級までの挑戦になります。

 

f:id:Lego_block:20171031232148j:image

f:id:Lego_block:20171031112240j:image

今回はイメリア復刻への挑戦です。

ミッション名からも死者の王が出てくると思われるので気を付けていきたいです。

それにしても最近、死者の王出てきすぎじゃないですか。毎回苦戦しているので困ります。

 

まずは初級、姫と山賊団

 

f:id:Lego_block:20171031112704j:image

 

かわいい

 

f:id:Lego_block:20171031112736j:image

 

一方アンナさんは無言の圧力。

 

f:id:Lego_block:20171031112850j:image

 

☆3クリア。 

イメリアは結構タフでした。

 

次は中級、囚われた魂

 

f:id:Lego_block:20171031113030j:image

 

大量の亡きブルーマンが。ガチャの爆死は嫌だ!

 

f:id:Lego_block:20171031113209j:image

 

☆3クリア。

かぼちゃも最近出番が多いですね。

 

上級、悪霊の都

 

f:id:Lego_block:20171031113506j:image

 

☆3クリア。

攻略にはまだ余裕があります。

少し配置に悩むマップでした。

 

極級、重砲の魔物

 

f:id:Lego_block:20171031113731j:image

 

マップは悪霊の都に続いて同じマップです。

今回のケイティは結構前に配置しました。

 

f:id:Lego_block:20171031114037j:image

 

砲兵は今では普通に出てきますがこのミッションが初出なのでしょうか?

スピカとメーリスで問題なく処理できました。

射程の長いアオバは後ろの方からの援護。

 

f:id:Lego_block:20171031114258j:image

 

たくさんの砲兵が出てきますが問題ないです。

アーマーだろうとスピカがぶち抜きます。

 

f:id:Lego_block:20171031114521j:image

 

☆3クリア。

ここまでは簡単でした。

何か不穏な空気を感じます。

 

最後は死者の王神級

 

f:id:Lego_block:20171031205154j:image

 

ユニットの配置場所が結構離れているのでかなり戦いづらいマップ。

ヒーラーの位置に特に注意して挑戦しました。

初手はケイティとエイミー。

 

f:id:Lego_block:20171031205554j:image

 

続けてユリアン、スピカ、アイシャを配置。

序盤はソルジャーで拠点を守りつつコストをがっつり稼いでいきます。

 

f:id:Lego_block:20171031205855j:image

 

左側の道はヒーラー2人と皇帝で塞ぎます。

右側はメーリスに頼ります。ただ配置枠がなくてヒーラーが配置できていないので結構不安でした。

コストが充分稼げたのでユリアンを覚醒王子にチェンジします。

 

f:id:Lego_block:20171031210451j:image

 

配置枠の為にアイシャとケイティを撤退。

上の道はライチで塞いでリッチの攻撃を受けてもらいます。

皇帝はリッチの出現に合わせてスキル発動。

メーリスもかぼちゃを倒す為にスキルを発動。

遠距離から範囲攻撃でかぼちゃを焼きます。

 

f:id:Lego_block:20171031211639j:image

 

回復が足りないと思いましたがヒーラーの点火とライチの魔法耐性の高さで何とかなりました。

 

f:id:Lego_block:20171031211947j:image

 

☆3クリア。

かなり戦いづらいマップでしたがライチの魔法耐性の高さと皇帝のスキルでの殲滅力で何とかリッチを捌けました。

メーリスのスキルでかぼちゃを安全に倒せた事も大きかった。

f:id:Lego_block:20171031212340j:image

今回のミッションも無事にクリアできました。

今のところはそこまで苦戦せずにクリアできていますが残りのミッションも気を引き締めて頑張りたいです。

 

リッチも死者の王もかぼちゃも最近出番が多くて見飽きてきました。